Net ZEB (Net Zero Energy Building)

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは?

ZEBとはNet Zero Energy Buildingの略で、快適な室内環境を保ちながら、高断熱化・日射遮蔽、自然エネルギー利用、高効率設備によって、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、年間で消費する建築物のエネルギー量が大幅に削減されている建築物のことです。

我が国のエネルギー消費の半分近くを占める民生部門はその消費が増え続けており、特に民生・業務部門の徹底的な省エネが重要な課題となっています。室内外の環境品質を低下させず、消費エネルギーを大幅に削減するZEBの普及が重要です。

ZEBロードマップ委員会では、ZEBの実現に向けて、さらにZEBを次のように定義しています。
2014年4月、国は「2020年までに新築公共建築物の平均でZEBを実現」また、「2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現」との目標を設定しました。その背景には、建築分野におけるCO2排出量削減ポテンシャルが極めて大きく、建築物の省エネ推進が世界共通の課題となっているからです。
またZEBはその省エネ化の程度によって下記の3段階に分類されています。

  • ZEB Ready (ネット・ゼロ・エネルギー・ビル・レディ)
    創エネを加えず建物独自で50%以上、75%未満の省エネが達成できている建物
  • Nearly ZEB (ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
    50%以上省エネ(ZEB Ready)を満たしたうえで、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで正味で75%以上省エネを達成している建物
  • ZEB (ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
      さらに正味で100%以上省エネを達成する建物

下記の図は「ZEB Ready (ネット・ゼロ・エネルギー・ビル・レディ)」「Nearly ZEB (ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」「ZEB (ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」 の3つの定義を図式化したものです。 

出典:経済産業省 ZEBロードマップ検討委員会資料2015.12

豊建 住環境事業部がめざすZEBとは

1)建物外皮(外壁、窓)の断熱性向上を図ったうえで、高性能省エネ機器(空調、照明など)を導入して、建物の省エネルギー化を最大限に図ります。これは、快適さを保ちつつ、エネルギー消費量を大幅に削減するものです。

2)また可能であれば、再生可能エネルギーの活用により、正味で消費エネルギーの極小化を図ります。

3)BEMSなどから得られたデータを見える化し、そのデータの活用方法も含め、建物の省エネ化がスムーズに定着するまで分かり易くアドバイスいたします。

独創的な事業モデル

愛知県での初の事例

補助金申請とファイナンスを組み合わせ、初期投資負担がほとんどない既設建築物のネットZEB化事例として愛知県では初めての事例となりました。

ワンストップ かつ テイラーメイド型

診断~提案~補助金申請~事後フォローすべての窓口を一元化(ワンストップ)
建物全体の省エネ化を目指す省エネ手法(テイラーメイド型)

補助金・ファイナンス利用

補助金とファイナンスの組み合わせで初期投資負担を軽減します。

ZEBとは

お問い合わせ
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:052-228-0469

  • 住環境事業部
  • ZEBとは
  • ZEBプランナー
  • ビルオーナーの方へ
  • BELs
  • グリーンリース
  • 実施例紹介
  • 最新情報
環境共創イニシアチブ
SERA
省エネルギーセンター
IBEC
DECC
名商ECOクラブ
Fun to Share
COOL CHOICE
中部経済産業局
省エネやZEBに関するお気軽にお問い合わせください